ABOUT & HOW TO

【ペッツメルトマニュアル】 菌活とは、腸内フローラを基本として口内フローラ・皮膚常在菌の3つの細菌バランスをとることです。 スタート時の腸内や口内・皮膚の環境は個々に違うため、ラベル記載の目安量からお始めいただき、様子を見ながら年齢や体調、気候などその時々に合わせた使い方と量を見つけてあげてください。 ①ペッツメルト 菌活の基本中の基本。腸内の善玉菌を応援します。 「使い方」 ●毎回のご飯、お水にスプレーするか滴らしてください。 ●手作り調理中にも使えます。(加熱or冷凍しても菌の効果は変わりません) ●直接手から舐めさせてあげても構いません。 『ワンポイントアドバイス』 善玉菌リッチになると便は変わってきます。 ✔︎においはほとんどないか酸っぱいにおい ✔︎ボコボコせずに気持ちよくスルッと出る ✔︎ふわふわでスフレのような感触 ✔︎硬くも柔らかくもなく、ティッシュにも跡がつきにくい 便になることが目標です。前向きな気持ちになれるよういっぱい褒めてあげてください。 ②ペッツメルトジェル 塗るために開発した乳酸菌生産物質です。 「使い方」 ●歯磨きジェルとして使えます。 ●歯茎マッサージに使えます。 ●直接舐めたり歯茎に塗っても構いません。 ワンポイントアドバイス1』 口内にも細菌の集まり「口内フローラ」があります。 口内を善玉菌リッチにすることが目標です。歯磨きをしてもしなくても夜寝る前にはもう一度塗ってあげてください。ジェルを塗ったら「今日もありがとう!また明日ね。」の合図です。 『ワンポイントアドバイス 2』 ペッツメルト、またはジェルを嫌がり口にしようとしない時は、唾液の質と分泌量が低下している時かもしれません。そんな時は無理強いしないでください。 においを嗅ぐだけで唾液は出るためそれだけで充分意味があり、根気よくお続けになれば口にしてくれることと思います。 ジェルは塗るために開発したものですが、口内以外に塗ることができるとの表記は薬機法により記載することができません。口内以外に用いる場合、あくまでも菌活の範囲およびご自身のご判断でお使いくださいますようお願いします。 ③ペッツメルトスキンローション 皮膚の常在菌バランスを維持、保湿することで皮膚バリアの健康を保ちます。 「使い方」 コットンかガーゼ・綿棒・お母さんの掌などにつけて使います。 ●お耳やお目目周りの汚れを拭いてあげてください。 ●腫れや湿疹・イボのある箇所を拭いてください。 ●排便排尿後の泌尿器や肛門を拭いてあげてください。 ●散歩後の肉球を拭いてください。 ワンポイントアドバイス』 今までお手入れしてあげていたところのほとんどにスキンローションがつけられます。ローションをつけた後でジェルを薄く塗っておくと消毒(殺菌)→保湿→皮膚バリアの整備を促進し、皮膚の健康が維持できます。 スキンローションとジェルを排尿排便の後にちょんちょんとつけておくとにおいの軽減も期待できます。菌のバランスを整えることが快適な身体になるかことを実感できる使い方です。 ④ペッツメルトリッチローション スキンローションがパワーアップした複合乳酸菌生産物質で、細かい部分のお手入れが簡単にできます。 「使い方」 コットンかガーゼ・綿棒・お母さんの掌などにつけて拭いたり、直接滴らしてください。 ●目 目の周りを拭いてください。傷やイボがある箇所にもつけられますがしみたり嫌がるそぶりが見られたら加減してください。 本品を目に点しても良い。または点して使うなどは薬機法により記載できません。医薬品ではない旨を予めご了承の上、ご自身様のご判断のもと菌活の範囲で行ってください。 ※ご注意※ レンズなどを装着している子は目に入らないようご注意いただき、必ず裸眼でのご使用をお願いします。 目に入るとしみることがありますが、目を閉じて空気が入らないようにすると軽減します。 ●耳 ガーゼや綿棒につけて内側の汚れを拭き取ってください。こちらも耳に点しても良い。または点して使うなどが薬機法により記載できません。医薬品ではないことを予めご了承いただき、ご自身様のご判断のもと、菌活の範囲で行ってください。 『ワンポイントアドバイス』 リッチローションのご使用がご不安なお母さんは、最初はスキンローションでできる範囲のお手入れをしてあげてください。スキンローションのご使用に慣れてから、リッチローションにトライされることをおすすめします。 内臓も皮膚も含めて身体は日々刻々と変わります。状況や環境に応じて「この時にはこれくらい」をお試しいただきながら、わが子レベルの効果的な使い方を見つけてあげてください。 ⑤ペッツメルトブラッシングスプレー 内容はスキンローションと同じです。メルトのスプレーなどがお手元にある方はつけ替えて使ってください。 「使い方」 ●スプレーをまんべんなくかけてブラッシングしてください。 『ワンポイントアドバイス』 被毛に覆われたわが子は、体内に静電気を引き込みがちです。 体内が通電し続けていると、血液はドロドロになり免疫を上げることができません。スキンローションでブラッシングすると被毛はふわふわサラサラになり被毛の健康が維持できます。 ⑥入浴酵素液 いつものお湯が温泉のようにまろやかとろとろの酵素風呂に変わり、冷えをとりながら深部体温を上げる効果が期待できます。お持ちのシャンプーに混ぜると酵素シャンプーに変わります。酵素液とスキンローションの併用がおすすめです。 「使い方」 ●お湯10Lに対ししキャップ一杯(約5ml)混ぜて、入浴や手足浴をしてください。 ●シャンプー10mlに対し1ml程度混ぜて、酵素シャンプーしてください。 ●入浴後は洗い流さず乾かしてあげてください。 ⑦ペッツメルトオリゴ 善玉菌のお弁当(餌)になるメルト配合のバイオジェニックスオリゴ糖です。 一日1回〜2回、ティースプーンに3〜4分の1程度から始め、加減調整しながら良便になる量を習慣づけてください。 『ワンポイントアドバイス』 疾患があったり日常的に不具合が多い子は、腸内細菌の数と種類(多様性)が少ないと考えられるため積極的に与えてみましょう。美味しい甘みはご褒美にもなり氣も高められます。 ⑧玄米・野菜パウダー(栄養補助パウダー) 玄米や野菜他の厳選素材にメルトを配合したバイオジェニックスパウダーです。消化に負担がかからないのが何よりのポイント。特に、食物繊維などの消化が苦手な子に使っていただきたいです。 「使い方」 ●一日1回〜2回(市販のヨーグルトなどに使う)小さなスプーンに3分の1程度から始め、加減調整しながら良い便や体調になった量を習慣づけてください。 ⑨ブラックフード(食用炭パウダー) 炭の孔に毒素が吸着されることで知られる炭。その中でも、長寿で名高い長野県の伊那赤松妙炭のみを採用しています。かける頻度や量に制限はありませんが、超微細粉末なので少しずつお始めいただきいい体調を保てる量を見極めていきましょう。 ⑩つけカルパウダー(有害物質除去パウダー) 特に手作りをされるお母さんにおすすめします。 残念ながら、毎日食べる食材に安全なものはほとんどないのが現実です。つけカルで可能な限り有害物質を除去してから与えてあげてください。 【お母さんへ】 菌活で善玉菌が増えると、必ず変化があります。最初の変化は、お母さんが「よくなって欲しい・なくなって欲しい」ところではないかもしれません。 しかし身体はひとつに繋がっています。乳酸菌生産物質は健康の素になるものです。菌活が進むにつれ、便や尿の状態・被毛の艶や量・目の力や表情・体臭や口臭の軽減など、どんな小さな変化でも感じたら、それは健康づくりの始まりです。 変化を感じたらすぐさまわが子を抱きしめ、めちゃくちゃ「すごいね!頑張ってるね!ありがとう!」って褒めてあげてください。ココロが喜べば細胞だって菌だって嬉しくなります。免疫だって上がります。これは本当に大事なポイントです。 一方、良い兆しが見えない間は不具合力が改善力を越えるだけの善玉菌が足りていないのかもしれません。目安量は現在の健康を維持するための量であり、改善するレベルまで到達していないことが考えられるのです。 そんな時は、あげる量や回数を徐々に増やしてみてください。どれくらい増やすかはお母さんのさじ加減で構いません。メルトは健康物質なので、入れた分だけ必要に応じて働きます。 良い兆しを実感できない・調子を崩し始めた・別の不具合が出てきた時は増やすタイミングと捉えてみましょう。 【醗酵と保管について】 ペッツメルトは、天然の食品成分だけを乳酸菌のココロのままに培養・醗酵・熟成させているため、ひとつひとつの味・におい・色の濃度・粘度などに違いがあります。 季節に応じた微調整以外は時間短縮や化学処理をしていません。そのため、気温や湿度など様々な環境下で醗酵することがあります。 醗酵すると液体には、ワインのように「オリ」と呼ばれる茶色の沈殿物や浮遊物が。ジェルには半透明の膜や白い斑点などが見られます。 ラベルに「開封後は冷蔵庫保管がおすすめ」と記載しているのは、常温で保管される場合、醗酵すると容器が膨張するなどで漏れる可能性があるからです。 ふと見たらボトルがふくらんでいたり、 ジェルの蓋を開けたらプシュッって音がしたり。。。 もちろん、そうなっても異常ではなく「純生じゅんなま」である事の証明です。ボトルが膨らんだ時はキャップやスプレー・ポンプを緩めて空気を抜き、冷蔵庫に入れておくと戻ります。 オリも膨張も、品質と摂取に問題はありませんので取り除いたりせず、軽くかき混ぜるか容器を振ってお使いください。 菌と仲良くなってくると、醗酵してオリが増えるのが楽しみになり、オリのあるメルトを少し残して次のメルトを注ぎ足すお母さんもいらっしゃいます。 醗酵が進むのを好ましく思うお母さんは常温で。 醗酵を出来るだけ止めたいお母さんは冷蔵庫で。 あるいは、お好みや季節などを踏まえて保管場所をお決めいただければ幸いです。 なお、製品到着時に著しい容器の膨張や液漏れでご使用が難しい場合に限り、ご交換などのご対応をさせていただきます。お手数ですが、下記までご連絡をお願い申し上げます。 Mail : petsmelt@gmail.com TEL : (089)904-5972(受付時間10時〜16時)